18歳、20歳を迎えられる皆さまへ

本年18歳、20歳を迎えられる皆さんには、誠におめでとうございます。
これまで周りで成長を支えられた方々にも敬意を表し、心からお喜び申し上げます。

成人すると、権利と自由の幅が拡がりますが、それらはただ待っていれば与えられるものではありません。
他者の権利と自由も尊重し、また、長い目でみても誰もが安心して過ごせる社会をつくりあげる努力を、常に皆で欠かさずすることで初めて得られるものです。この際に、政治参加が重要になります。

日々の生活をこなすのに精一杯になる状態が、これから何度も訪れると思います。
しかし、そんなときでもよりよい社会を思い描きながら、政治参加できる手段が目の前にあるときにはぜひ活かして頂きたいです。政治参加した結果が、自分たちの暮らしにそのままかえってくるためです。

政治参加については様々な手段があります。
例えば、市内で定期的にごみ拾いをしたり無料塾を開催しながら社会参加する高校生団体があり、昨年は市議会に陳情も提出し「このような地域に暮らしたい・こうあるべき」という考えを伝えてくださいました。
成人前からの政治参加の事例ですが、皆さんの持つ力や可能性が非常に大きいことを実感しました。

しかし、既存の政治参加の仕組みで、まだ充分に活かしきれていないものもあります。
例えば昭島市の最近の投票率をみると、4年前の地方統一選挙は45.12%、一昨年の都議会議員選挙は38.18%、昭島市長選挙及び昭島市議会議員補欠選挙は33.93%でした。

自分たちが社会を変える主権者であるとの教育を充分に受けるチャンスが従来まではなく、政治・宗教のはなしはタブー視すらされる風潮があります。
人目を憚らず政治についてはなしをしたり様々な立場から建設的な議論をしづらい状況は社会として成熟しきっておらず、それは先に大人になっている私たちの責任であったり、
そもそも私たち議員の力不足もあったりと、様々な要因があるかもしれません。
それでも、皆さん自身が暮らしたい社会や未来を実現するのに有効なひとつの手段として、ぜひ投票する権利は活かして下さい。
皆さんが政治から距離を置こうとしても、生きている間、暮らしと政治は切っても切り離せません。
政治に期待・失望することがあるかもしれませんが、主権者としてあきらめずに関心を持ち続け、政治を手放さないでください。

また、昭島市では、計画素案に対する意見募集、パブリックコメントの件数が一般的に少ない傾向がありますが、パブリックコメントも政治参加のいち手段です。
今年度は、皆さんの社会参加・参画機会の充実の施策案も含めた昭島市子ども・若者未来対策推進計画の策定年であり、0歳から 30 歳未満まで、施策によっては40 歳未満までの方々が計画対象です。
1月16日までパブリックコメントの募集がされていますが、昭島市の公式HPからも計画素案が内容が確認できます。
https://www.city.akishima.lg.jp/s063/010/030/010/015/20221129095022.html

皆さんが当事者である子ども・若者未来対策推進計画素案がどのようなものであるかこの機会に把握して頂くとともに、どのような計画であれば計画が皆さんのためのものとなるか、ぜひ貴重なご意見を頂ければ嬉しいです。
そうすることでより皆さんの実態や希望に即した計画になり、令和5年~9年の計画期間が生きるはずです。

昭島市での子ども・若者の政治参加の新たな仕組みについていうと、
子ども議会・若者議会の開催による子ども・若者の声の市政への反映等の提案を、
篠原ゆか議員はじめとする歴代の生活者ネットワーク議員や私は、市議会でしてまいりました。
残念ながらまだ実現にいたりませんが、引き続き、昭島市でどのような政治参加の仕組みをつくれるか考え、提案し力を尽くします。

また、この際に、私たち議員に子ども・若者の声を汲み上げるためにどのような仕組みがあればよいかぜひご意見を下さい。皆さんの声を聞きながら政策をともに考え、よりよい提案をしたいです。

最後に、コロナの影響で充分なコミュニケーションをとりづらかった、この約3年でしたが、繋がりをつくることをどうか躊躇しないでください。
人との繋がりや対話は、自分にとっても社会にとっても財産になるため、ぜひ大切にして頂きたいです。
競争ではなく協働で、地球規模の課題の解決にも当たらねばならない時代でもあります。

これから平たんな道のりばかりではないと思いますが、そんなときも皆さんを支えてくれる方は必ずいるはずですので、安心してください。
お一人ひとりのご希望に添ったチャレンジを心から応援するとともに、皆さんとともにこれからどのような社会を創り上げていけるのか非常に楽しみにしています。